« オリT | Main | 石狩ロックンロール 2017 2日目 »

2017.08.11

石狩ロックンロール 2017 1日目

やぐら

とうとう10回目のRising Sun。

初心忘れるべからずってことですよね、つまり。
Rising Sunといえば雨。Rising Sunといえば沼。
1年目に豪雨の中で見たくるりが今年のヘッドライナーなんだってことなんですよ。

予報は的中で気温は冷え冷えだけど、逆に過ごしやすいフェスでしたよ。逆に。


■見た人リスト 1日目
 エマーソン北村 (ウェルカム ライブ)
 清水ミチコ
 チャットモンチー
 THE BEATNIKS (高橋幸宏+鈴木慶一)
 レキシ
 LOSARIOS (最後の方だけ)
 Creepy Nuts
 稲川淳二

週間天気予報が最悪。ということは本番は晴れだね。
などと嘯いても予報が冴えない。初日くもり。二日目雨。これで確定。

そして私のポンチョと奥さんの長靴が無い。
大学生とかならいざしらず、40手前の大人が現実的に考えたら、なくても大丈夫とはいえない状況。滑り込みで購入。これなら雷でも落ちない限り大丈夫。

開場

転売が問題になり、その転売ヤーと呼ばれる人は呪詛により全員不幸になるんですが、それはそうと入場券がソールドアウト。少し早く行動しようということで、去年より15分くらい早く出発しました。

天気が悪い確定なので一眼は諦めて今年はiPhoneographer。

テント in タープ
今年は主賓のまさゆきさん(丸)が不在なので、小さいテントで参戦です。
通称 "フジロックで5分で水没した" モデル。
防水性皆無につき、テント in タープ状態です。タープも買いました。軽いやつ。
今年のテーマは夫婦水いらずですが、裏のテーマはウルトラライトです。

テントやタープのレビューの中に高確率で見かける「付属のペグはオモチャ」評。
これはペグ屋のステルスマーケティングではない。真実。来年忘れずに買うこと。

担々麺
この日の記念スべき一食目はセイコーマートの唐揚げでしたが、フェス飯としてはこれ。ビブグルマン監修の汁なし担々麺。ネギチャーシュー増し。うーん。これはプロトタイプかな。

パノラマ
雨に打たれる予定の人たち。

お腹いっぱい、ビール飲んでグッズを見に行きます。
ケチなのと、サイズ外すの恐怖症なので、Tシャツは買わず、奥さんがマスキングテープ買ったくらいです。

タイヤ
今年も発見、とれたタイヤ。恐ろしい。明日は我が身。
来年はキャリーワゴン買います。こういうやつ。ここにDIYで巻ける天板作ってテーブルにするのです。

IMG_5166
そして壊れた靴。加水分解怖い...。

今年のオープニングアクト、清水のみっちゃん。
なんかフェスっぽくないけど、一人フェスともいえます。達人ですよね。
若い子たちの感動をかっさらっていきました。

IMG_0371-2
次に見るべきは、本当はB'zなのかもしれないけれど、チャットモンチーにしました。このチョイスは私の中でも賛否両論でしたが、間違っていなかった。サポートメンバー無し、二人編成。キレキレ。でもかわいい。
M4EVERが聴けたし、ガチのB'zファン(ファンクラブに入るか一週間迷ったそう)である二人と「ウルトラソウル、ハイ」も出来たし、ほんと良かったです。

その後、高橋幸宏さんと鈴木慶一さんのバンド、THE BEATNIKS。
慶一さんは前にムーンライダーズで見たとき瀕死の状態だったので心配してたけど、やや持ち直してて安心。逆に、ほぼ同い年なのに若々しい幸宏さん驚異的。

レキシ待ち
持ち歌から逸れまくるのに飽きたって言ってすいません。大好きです。
稲トラソウル連発。ついでにアローン。楽しかった!

その後Creepy Nuts見て、ラストはボヘミアンに戻って稲川淳二。
稲川淳二の怪談を見るのは初めて。そもそも、ちゃんと聴くのもはじめて。
笑っちゃうのかと思ったけど、いやこれ本当に怖いよ。話も練られてますし、間の取り方とか絶妙ですし。
清水ミチコもそうだけど、この道を極めた人の芸はすごいですね。

ホテルの火災事故の話を聴いて震え、ここから本当の怪談に、というあたりで一旦帰宅です。
全国タクシーのアプリが全然機能しなくて、電話してようやく確保した一台。これを逃すと比喩でなく死ぬので、名残惜しいですが一日目終了です。

雨に当たらなくて良かったー。

|

« オリT | Main | 石狩ロックンロール 2017 2日目 »