« 石狩ロックンロール 2016 1日目 | Main | 2017年の2016年 »

2016.08.13

石狩ロックンロール 2016 2日目

メインゲート

2日目も晴れ。日焼け止めが欠かせない。シミが怖いからね!

■見た人リスト 2日目
 大森靖子
 高田漣
 ヒックスヴィル (テントから)
 田島貴男
 cero
 人間椅子
 スチャダラパー
 ベッドイン
 勝井祐二+沼澤尚+ナカコー and 内田直之
 TAKKYU ISHINO
 BRAHMAN

二日目 強風
2日目はメインゲートから入場。
暑いけど風が強いので少しだけ過ごしやすいかも。
と思ったけど勘違いでした。暑い。

雪風の辛シビ
暑いのに辛いラーメンを食います。RSR限定、雪風の辛シビレ味噌。
ちょっと辛い味噌ラーメンでした。麻も辣も無い。

祭り太郎は不在にしています
祭り太郎は不在にしています。

RSRあるある百人一首
ここにいた。ライジングあるあるかるた大会開催中でした。
「好きなアーティストの缶バッチが出ない」
はい!

たべるとくらしの研究所
暑い。この暑さをどうにかするため、たべるとくらしの研究所へ。

冷たいメニュー
でもなー。酵素。集団食中毒事件とか嫌ですよ。
店員さんの顔色が土色なのも気になります。

酵素かき氷
警戒してたけど、干し果物のシロップ漬けでした。素直に美味しい。
驚かせやがって。

高田漣さん演奏中
麦わらの上に座って足を伸ばして、かき氷でクールダウンしながら聴く高田漣さんの声。お父さんの曲とか細野さんの曲とか。こんな贅沢がありましょうか。

いったんテントに戻ったら、さっきまでの天国っぷりが嘘のように暑くて、もう動けない。
大黒摩季は諦めて、テントの外でボヘミアンから流れてくるヒックスヴィルをなんとなく聴く。そのままボーっとして、次の田島貴男は一応ボヘミアンまで行ったけど聴いてるような聴いてないような。とりあえず何もしないことで体力回復。

筋少諦めてcero待ち
さてここで筋肉少女帯を見たいわけですが、そうするとceroを見られない可能性が出てくる。どっちをとるかっていうと、ceroなわけですよね。1時間くらい待機して、最新版のceroのライブを堪能。すごい。見るたびにアップデートかかってる。

ceroが終わって、その余韻に浸ってビールでも飲みたいところですが、もう裏で人間椅子が始まってるわけです。ダッシュでRAINBOWからdef garageまで移動。

満員の人間椅子
ふぁー。さいこう!オーケンも地獄のアロハでゲスト出演してくれたし。
最近人間椅子を知ったようなメタルキッズが驚きを隠せず友達に熱く語ってましたが、メタルおじさんも大満足。
思わずパンチの効いた紫色の人間椅子Tシャツを買っちゃったよ。

夜のラコスバーガー (二回目)
晩ごはんはラコスバーガー (二回目)。普通のが売り切れだったので忍者バーガー。ベーコンが燻されまくってて、これも美味いー。

恒例の花火
恒例の花火はRAINBOWから。そんでスチャダラパー。

途中まで見てdef garageに移動しベッドイン。サンステからオーケンが氷の世界を歌ってるのが聴こえてきたので、よし、これでサンステに行く必要なし。

早めにdefに着いたらリハやってて、ちゃんマイがSGばりばり弾きまくって超かっこいい。合間合間にエロいネタを突っ込んでくるサービス精神ね。えらい。リハでは普通にレインウェア着てたけど、本番 (行為) は肩パッド入りのジャケットで登場。若い子が戸惑うネタ & 過剰なエロ & かっこいい曲。これは人気出ますわ。

鳥山明先生が遊びに来るのはRSRだけ
とりやまあきら?

いったんテントで仮眠。と思ったけど、寒くて全然寝られない。結構重ね着してんだけどな。まあちょっとだけ横になったので、トーンパークで卓球のDJ見て、いよいよヘッドライナー。

土埃にまみれたon
二日間足元を支えたonのシューズ。
全然足が痛くならなかったのは君のおかげだ。

朝日待ったなし
私個人としては、もう少しこう圧の強くない、ハナレグミとかフィッシュマンズとかの流れで夜明けを見たいわけですが。BRAHMANかー。
と思ってたら、TOSHI-LOWさんもMCのとき自分で言ってて笑った。
俺だってやだよ。断った。楽屋、誰もいない。ご飯、なんもない。
面白すぎる。

結果的にBRAHMANも良かったということで。去年の10-FEETも良かったし、やっぱヘッドライナーはちゃんと見たほうがいいですね。まあ去年はKJの説教に興醒めだったんですが。今年はそんな嫌な思いをすることもなく。

RISING SUN
そしてついに日の出!!!!
実際はめちゃくちゃ風が強くて寒くて毛布にくるまってます。

あけましておめでとう
あけましておめでとう!
あー終わっちゃった。また一年頑張ろうか。
容赦なくwith or without youがかかって祭りは強制お開きです。

Untitled
PROVOの廃墟感。

Untitled
マッドマックスですかここは。誰もいねえ。

RED STAR
数々の名演が繰り広げられたREDも、またすぐに原野に戻るのですね。

サンタフェ
さようならRSR!また来年!

|

« 石狩ロックンロール 2016 1日目 | Main | 2017年の2016年 »