« WE ARE A ROCK FESTIVAL | Main | 石狩ロックンロール 2016 2日目 »

2016.08.12

石狩ロックンロール 2016 1日目

廃墟感

9度目のRising Sun。

「30歳でも通用しますよ!」と言われても、実年齢はもうすぐ40。今年のテーマは無理をしないことです。ビールより麦茶。揚げ物より蒸しパン。好きなアーティストのステージが被ったら両方観ない。そんな達観したスタイルでもってフェスに臨みます。

■見た人リスト 1日目
 エマーソン北村
 PUFFY
 BABYMETAL
 ハナレグミ (最後のほうだけ)
 LIFE IS GROOVE (テントから)
 電気グルーヴ
 岡村靖幸 (最後のほうだけ)
 ハナレグミ (TAIRA CREW)
 長岡亮介 (TAIRA CREW)
 SPECIAL OTHERS

入場
昨年に引き続き、今年もタクシーからのフォレストテントサイトです。
渋滞と無縁。荷物を持って移動する距離が短い。場所とりに命をかけている輩もいません。

メモ:
8:45ごろ 自宅出発。
9:10ごろ セイコーマート到着。すぐ飲む用の水とか購入。
9:20ごろ 並び始める。

待機
今年はSitpackという携帯できる椅子があるので、待ち時間が全然苦になりません。けど暑い。去年より暑い。アトゥイ。

入場
10時。年に2日間だけの祝祭の始まりにワクワクしつつも穏やかに会場入り。

夫婦
今年もエマーソンさんと鮭夫婦のウェルカムライブ。奥さんがテントサイトの受付に並んでいる間、日陰に入ってのんびりと音楽を楽しみます。

連行
体力の限界か、連行される二匹。

テントの場所が決まったので、係のお兄さんに確認してテント設置。
設置してペグ打ったところで「じつは全体的にひとつ場所がずれてました。さーせん」と言われて移動。改めてペグ打ったところで「全然場所違いました」と言われ20mくらい移動。「そこじゃなくてここでした」と言われて5mくらい移動。ふふふ。楽しくなってくる。テントを運ぶの手伝ってくれた隣のお兄さん達ほんとうにありがとう。
もう大丈夫そうなので三度目のペグ打ち。

この時点で11時半。
15時半のPUFFYまでだいぶ時間があるので、グッズを見に行くことにします。

散歩
この通りなれた道。生家に帰ってきたくらいの懐かしさを噛み締めつつも、電気グルーヴのTシャツが売り切れないか内心ハラハラ。

小樽 / 石狩
今年も小樽 / 石狩の看板とか。

どこでもドア
どこでもドアとか。

かんぱーい!
そして乾杯。うまい。1年でもっともおいしいビール。

寄り道しつつグッズ売り場へ。
やばい、出遅れた!もう長蛇の列!と思ったらワンオクでした。
電気は普通に買えた。大好きなVOXXXくんのシャツとキーホルダーとトートバッグ。BABYMETALは当然のように黒いTシャツしかないので買うのやめました。
今年のグッズはこれで打ち止め!(の予定)

まさゆきさんが会場入りしたようなので、テントに戻って合流。
持ってきた おにぎらずとかスイカなんかを食べてからPUFFYを見に移動。RAINBOWでアイドルがライブやってる。ミルクス本物という札幌のアイドルらしいです。いつの間にかタイムテーブルにも載ってる。なかなか堂々としたパフォーマンス。RSRにもアイドル枠が出来たのは良いんじゃないでしょうか。来年はエビ中とかベルハーとかゆるめるモ!とかゆるめるモ!とか!実現できるんじゃないでしょうか。来年こそは。

まさゆきさん (丸)
「ポケモン効果はどこに?」でお馴染みの丸い人とちょっと歩いて、のるどで担々麺を食べて、今年の私のオープニングアクトはワンオクじゃなくてPUFFY。同世代にもかかわらず熱心に聴いてこなかったため、現役感も懐かしさもなく、普通に楽しんで途中でベビメタに移動。

今年は晴れの日が続いたため砂ぼこりがすごい。
リストバンドチェックの橋あたりで舞う砂。これ確実に鼻くそ黒くなるやつだ。手ぬぐいで鼻と口を覆いつつ早足で歩きます。

SUN STAGE
フジロックのこともあり、かなり早めにサンステ到着。2ブロック目の最前列を確保できました。太ったメタラー、おばさま、およびその子供など幅広い層のファンが待機中のエリアなので、ここならモッシュもウォール・オブ・デスも大丈夫。
ライブはもちろん最高。好きな要素しかない。
終了後、よく知らないけど来てみた感じの人たちから「すごいものをみた」という感想がたくさん聞こえてきましたね。

レッドに移動しハナレグミ。「上を見てみろよ。天井がないんだぜー!」みたいなことを言っていた気がします。前に見たときは豪雨だったからな。ああ、気持ちがいいなあ。ずっと見ていたい。が、時間が来て終了。

テントに戻るとLIFE IS GROOVEが聴こえてきます。ムッシュは体調不良でお休みだけど、メンバーが「かまやつー」とか言ってました。

ちょっと休んでから、VOXXXのTシャツを着込んで電気グルーヴ。
キッチン森田屋の店主、客の煽りが最高にかっこいい。森田屋、目の前に来てくれた。たのしい!!かっこいい!幽体離脱!酔っぱらい!

またサンステからレッドに移動して岡村ちゃんの最後のほうだけ。
生で岡村ちゃん見るの初めて。われわれオーディエンス、100点もらいましたね。
セクシーでした。全部見たかった。電気と被らなければー!

奥さんのリクエストで夜のTAIRA CREWへ。
たべるとくらしの研究所で酵素関係のやつがあると。行ったら祭り太郎も並んでて、カウンターを覗き込む太郎の写真なんか撮ってたら、突然ハナレグミが始まりました。
夜のTAIRA CREW

酵素そっちのけで聴き入りました。なんというサプライズ。
偶然のハナレグミ

ホットレモネード飲んで落ち着いて、布袋は見ないでテントに戻ります。
フォーク村から聴こえて来る再現度の高いニール・ヤングに見送られつつ本日ラストはRAINBOWでスペアザ。もう1日目が終わるのか。

タクシーの乗って一旦帰宅。お湯を浴びて疲れを取り除いて二日目へ。

|

« WE ARE A ROCK FESTIVAL | Main | 石狩ロックンロール 2016 2日目 »